地域包括ケア支援システム

脳とからだの健康チェック

大和市では、認知症の予防・早期発見に役立つ「脳とからだの健康チェック」(認知機能検査)を無料で実施しています。

ご自身の脳とからだの健康状態を知り、認知症予防に取り組みませんか。

「脳とからだの健康チェック」とは?
タブレットを使用し「記憶力」や「注意力」などの認知機能をゲーム感覚でチェックできるものです。

また、認知機能検査と併せて握力と歩行速度の測定、もの忘れについてのご相談もできます。

プライバシーを考慮し、これらのチェックや相談は担当保健師が個室で個別に対応いたします。

「軽度認知障害」とは?
軽度認知障害とは、健常者と認知症の中間にあたるもので、明らかな認知機能障害がなく日常生活への大きな影響のない状態です。

ただし、そのまま何もしないでいると、3年間で半数以上が認知症に移行すると考えられています。

早期発見し、認知症予防に取り組むことで、年齢相応まで回復したり、できるだけその状態を維持したりできる可能性があるということが分かっています。

検査の流れ(1人90分程度)
1.受付
2.5m歩行、握力測定
3.認知機能検査
4.もの忘れについてのお話

実際に受けに来た方にお話を伺いました(67歳、女性の方)。
Q 今回、「脳とからだの健康チェック」を受けたきっかけを教えてください。
A 最近もの忘れなど気になることがあったので、市の広報誌を見て申し込みました。

Q 受けてみた感想はいかがですか。
A とても良かったです!

現在の自分の状態を知ることができたうえに、認知症の予防になる具体的なアドバイスをもらえました。

最近、用事がない日はずっと自宅に閉じこもっていることもありましたが、これからはなるべく外に出て、外部から刺激をもらうようにします。

また、適度な運動も心がけようと思います。

それらのことが認知症予防になることを教えてもらいました。

9 更新日: 2019-05-09